作詞家,作曲家になろう!さくなろ道場

作曲家、作詞家を目指す君へ。現役マネージャーが教える作品創りのコツ、裏ワザ、一般常識などなど…誰も教えてくれなかった情報満載です。

Chapter1 作曲家に成るために用意する物 1 まずは名前を決め名刺を作ろう。

Chapter1 作曲家になるために用意する物

 

おはようございます。

トミー爺です。

 

今回は作曲家として活動する為に最初に決める事。それは名前と名刺の準備からスタートしましょう。

 

 

Step 1. 作曲家に成るためのファーストステップ 

 
作曲家活動のために名前、肩書を決めよう

 作曲家として活動する為には、当然、作曲の腕を上げることも必要ですがその前に「作家ネーム、ペンネーム」を決めておいた方がベストです。

 

名前が決まらない何も始まらない…名前が決まれば「名刺」や「プロフィール」が作れます。

 

って言ってもね、、、と思っている人も多いのでは?

 

だってね、名刺を作るとしたら「名刺の肩書」って必要だよね、そして「作家ネーム」も、、、

 

本名で行くのか?作家ネームにするのか?

 

そして肩書と言っても、自分では作曲家として活動しようかな?って思っている人が殆ど、、、「私は作曲家です」って名乗るのは恥ずかしいですよね、、

 

でも、ここは張ったりでも良いのでインパクトのある肩書と名前を考えてみて下さい。

 

トミー爺の場合は下記のプロフィール「トミー染川の誕生」をチェックよろしくです。

 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

チャンプ坂本くんの誕生!  

さてここにチャンプ君こと坂本一番くんという駆け出しの作曲家見習いが登場することに、、

 

そのチャンプくんと一緒に皆さんも作曲家になるための冒険アドベンチャー?一緒にスタートしてみましょう。

 

さあ、、チャンプ君の作家修行の始まり、始まり…

                                  

さて駆しだしの作曲家のチャンプ君こと坂本一番くんがトミー爺に弟子入りをするところからこの冒険はスタートします。

  

ある日の午後、渋谷のトミー爺の事務所で…

作曲家見習いの坂本一番くんが入ってくる

 

 

チャンプ 

「おはようございます、、、坂本一番です」

「トミーさんはどこ?、あッ居た」

「師匠!、、師匠ってば…」

 

周りを見渡すトミー爺、、他に誰もいない、、ふと気づき


トミー爺  

「????師匠?って、あ、俺の事…」

「いやー照れるな…」

 

チャンプ  

「照れるって、、もう、何言っているんですか?」

「僕はプロの作曲家に成りたいんですよ、、」

「ビシビシ鍛えて下さいよ」

 

トミー爺  

「よし!その心意気いいよ、、気合いだけは一人前だな」

 

 

 

さぁて、何からスタートするのか?

 

 

チャンプ  

「さて師匠、まず何から始めればいいですか?」

 

トミー爺  

「よし、名前から決めよう」

 

チャンプ  

「えー、、名前ですか…なんで形から入るの?」

 

 

と、、この人で大丈夫かな?

 

ちょっと先行き不安になるチャンプくんでした。

 

作曲活動は本名でもOK!でもペンネームが便利。 

 

 もちろん本名で活動することもOK、でもトミー爺がお勧めするのは「誰にでも愛される、目立つ、ペンネームを付ける事」これを推奨します。


作曲活動するには「普段の自分と作曲家としての自分」を区別する事も必要になるので、そんな時にペンネームは便利だし、今はネット時代でプライバシーを保護する意味でもペンネームはあったほうが良いですよ。

 

トミー爺も若い時に音楽仲間の横浜〇蠅リーダーの嵐さんから

 

「染さん、音楽業界は目立った奴が勝ち!お前は顔も濃いから名前も濃くした方が良い」

 

という助言があり、そこから「トミー染川」と名乗るようになりました。 

 

 

チャンプ 

「なるほど…師匠、確かに顔と名前は濃いですね…」

 

トミー爺 

「…そんなに褒めるなよ…照れちゃうぜ」

 

チャンプ 

「???? 所で僕の名前はどうしよう」

 

トミー爺 

「坂本くん本名は?」

 

チャンプ

「坂本一番ですけど、、」

 

トミー爺

「よし、、名前が一番だからチャンプにしよう」

「君は今日からチャンプ坂本だ」


チャンプ 

「チャンプ坂本か…かっこよいですね…」

「じゃあプロフィールと名刺もつくろうかな」

 

 

という事でここに作曲家チャンプ坂本が今産声を上げました。 

名刺の肩書はど派手に! 

トミー爺の場合、名前を「トミー染川」となったけど、でも名刺を作る時点で肩書が必要に…さっき登場してくれた嵐さんに

 

「染さんは、社長のアシスタントで働いてもらうね、、」

「名刺の肩書も作らないと、、」

「よし、、社長は親分、、だからアシスタントの染さんは子分」 

「これで行こう!」

 

という事で「子分 トミー染川」の誕生です。

インパクトありましたよ!!笑い

 

 

そして、嵐さんの事務所を退所後に入った作家事務所での出来事。

 

その会社は社長と自分と女性スタッフの3人でスタートした会社だったので、名刺の肩書に困り、社長に相談。

 

何でも良いよ…との事で名刺の肩書を「社長の片腕」という事にした、笑い

 

「社長の片腕、、トミー染川」がここに誕生!!笑い

 

「子分 トミー染川」から「社長の片腕 トミー染川」に大出世。

 

あの時に嵐さんから名前の事、言われなかったら今の自分は存在していないかも…名前を付けてくれてありがとう!!大感謝、感謝。


その結果、効果てき面…ある大物CMプロデューサーからは「おい、トミー、、お前はどっちの腕だ?右か左か?」と質問され「いや、真ん〇です」と答え、、大爆笑。

 

それからガンガン仕事もらえるようになりましたよ。

まずは顔と名前を覚えてもらう事が大事、、そこからスタートしてもOK!

 

「トミー染川」最初は恥ずかしかったけどね、、、いまだにその名前で仕事をしています。

 

名刺を作ろう 

名前と肩書が決まったら早速「名刺」を作ろう。

そして常に持ち歩くようにしよう。

 

今の時代、名刺はPCで簡単に作れるので自家製名刺で問題なし、、ちなみにトミー爺は透明の用紙を買ってきて、それで名刺を作っています。

 

さてチャンプくんの名刺は…

 

f:id:tommysomekawa:20180819120248j:plain

 

まずは相手に名前を覚えてもらうのが最優先。

 

派手な名刺を作ったら名刺交換の時に、これでひと盛り上がり出来るので効果抜群。

 

ぜひ皆さんも試してみては… 

 

まだまだ続きますよ、、、