作詞家,作曲家になろう!さくなろ道場

作曲家、作詞家を目指す君へ。現役マネージャーが教える作品創りのコツ、裏ワザ、一般常識などなど…誰も教えてくれなかった情報満載です。

作詞メソッドChapter2 作詞の設計図って?それをフル活用する作詞法って?

Chapter 2 詞先で作詞をしてみよう

 

お疲れ様で~すのトミー爺です。

 

今回は「作詞設計図を使った作詞法」について一緒に考えてみませんか?

 

 この記事の目次 

 

皆さんはどんな流れで作詞をしていますか? 

 

f:id:tommysomekawa:20180914165714j:plain

 

さて、皆さんは作詞をする時ってどんな段取り、流れで作品作りしていますか?

 

  • ただ思いつくまま気が向くままに作詞。
  • 瞑想して、言葉が出てきたらそれを広げる作詞。
  • まずは考えをまとめて、それから煮詰めて行く作詞。

 

人それぞれ、色んなスタイルがあり、どれが正解でどれが間違っている、、とは言えないのが現状ですね。

 

だって、どんな作詞スタイルでも「きちっとした詞」が書ければOKですから、、

 

言葉を広げていく作詞スタイル 

 

「あなたはどんな流れで作品作りしていますか?」

 

と質問すると多く返ってくる答えは

 

「一つの言葉やフレーズをひねり出し、それを膨らませる…」

 

という答えです。

 

これはこれで間違っていませんが、一つ気を付けなければいけないのは「作品の着地点」が思っている所まで達することが出来ない…可能性があるという事です。

 

作品の着地点とは、最終的にこの内容まで書きたいというポイントの事。

 

車のドライブを例に考えてみましょう 

 

ある日、あなたは友達と車で信州旅行をする事になりました。

 

*ここでいうゴールとは作詞の一番伝えたいメッセージ、テーマです。

 

【Aさんの場合】

松本市内の〇〇ホテルに行きたい」とあらかじめゴールを決めて、そこに向けてルートを決めて走る、、、、

 

【Bさんの場合】

 

何となく信州に行きたい…と思い、信州目指して走る、、、その途中で蕎麦が食べたいとか長野方面に行きたい…と思って走っていたら松本に向かっていた…

 

Aさんの場合は松本市内の〇〇ホテルに着く事ができるけど、Bさんの場合は松本方面には行く事が出来るかもしれないけど、どこがゴールになるのか?見えないですよね、、、

 

という事で「言葉を広げて行くやり方」でも「到着地点、作品のゴール」が見えて、そこまでたどり着ければOKというのが分かりますね。

 

「言葉を広げる作詞法」は作詞に慣れてきたときはOKだと思いますが、

ただ書き始めの時、作詞を始めた時にはゴール地点までもっていくノウハウ、経験が少ない分、ちょっとリスクがあると思います。

 

作詞の設計図を作って作詞をする

 

そこで、トライしてほしいのが「作品テーマ」をしっかりと決めてから作品を練っていく作詞法です。

 

トミー爺は「作詞には作り方の流れがある」と思っているんですよ。

 

そこで役に立つのが「作詞設計図を作ってから作品作りをする」という事。

 

皆さんも経験あると思うのですが、プラモデルを作る時って「設計図」って必ずありますよね、、

 

その設計図、組み立て順番に沿って作っていくとプラモデルが完成する。

 

設計図を見ながら順番通り、パーツを組み上げて行く。

 

もし設計図を見ないで作った時、出来上がってから「あれっ?このパーツ残ったけど、どこに使うんだ?」なんてこともあるかも…

作詞をするためのStep by Step 

 

では設計図のある作詞ってどんな感じにやって行けばよいのか?

これはトミー爺が考える一例なのですが紹介させてください。

  1. Step 1. 書きたいテーマを考る

    まずこの作品で何を書きたいのか?その「テーマ」をしっかりとイメージする事がポイントです。

  2. Step 2 ストーリーを考える

    書きたいテーマが見つかったら、それを表現する為の物語、ストーリーを考えてみましょう。

  3. Step 3 登場人物を考える

    ストーリーが決まったらそこに登場してくる「登場人物」を考えてみましょう。

  4. Step 4 作詞プロットを作る

    プロットはストーリーとは違って因果関係を考える事です。登場人物の因果関係だったり、なぜ主人公は「テーマである〇〇」を伝えたいのか?それを考える事です。

  5. Step 5 構成にストーリーをはめ込む

    ストーリーやプロットが決まったら、それを詞の構成の何処に書き込むか…を考えます。

  6. Step 6 行数を意識する

    「Step5」で考えた内容を詞の構成、行数を意識してみる。

  7. Step 7 行数にあわせて詞を書く

    「Step6」で作った内容を行数に当てはめてみる。

  8. Step 8 文字数を調整する

    文字数の調整をする。

  9. Step 9 最後に詞のチェック

    最後に詞全体の確認をする。

 

 こんな感じの9Stepの作詞法です。

 

詳しくはこれから一つずつ紹介していきますね。

 

お楽しみに、、、

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【トミー爺のお勧め本】

松本一起著

作詞ってこんなに楽しい! 「普通の生活」から始めよう

 


読み進めていくうちに自然と作詞をしたくなる

  • 作詞に興味がある人
  • 作詞を始めたい人
  • 作詞にいきづまっている人へ、

3000曲以上の作詞をし、数々のヒット曲を手がけた、日本でも数少ない、生業を「作詞家」といえる著者の「作詞読本」。

  • 作詞のテクニック
  • 作詞家としての生活意識
  • プロとしての姿勢
  • 80年代の音楽業界での逸話など話題満載。

また、類書にはない作詞の推敲例を取り入れ、プロとアマの言葉へのこだわりの差を実践で解説する。