作詞家,作曲家になろう!さくなろ道場

作曲家、作詞家を目指す君へ。現役マネージャーが教える作品創りのコツ、裏ワザ、一般常識などなど…誰も教えてくれなかった情報満載です。

ススキノのん兵衛会から生まれた「メロンパンのように」

寒くなってきましたね~のトミー爺です。

 

先日、作詞勉強会で札幌に行って来ました。

 

f:id:tommysomekawa:20181119113121j:plain

 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

昼間は作詞勉強会、、夜は勉強会の打ち上げで「ススキノのん兵衛会」 。

 

こんな感じで毎回やっているのですけど、この「のん兵衛会」が実に面白いんですよ。

 

どこがおもしろいのか?

 

それは人脈を広げる事が出来る、、新しい企画を誕生させることが出来る、、そんな会なんです。

 

この会の繋がりから生まれた作品が

 

【制服の影】 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

【たまごが立った】

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

そして今回紹介させてもらう作品

【メロンパンのように】  

 

作曲・編曲「クマカズ」

作詞   「遙 北斗」
動画   「Tommy」
MIX    「SILKY」(@SILKY_mixer)

歌唱      「りせは」

 

 

リエーターにとって、メジャーレーベルから作品を世の中に送り出すのも一つの活動スタイルだと思うし、今回のように自主チャンネルから発信するのも面白いかも…

 

このスタイルの良い所が「居住地」を選ばない…

全世界、どこに住んでいてもネットを使ってコラボできる。

 

なんかやれることが多くなったと思いませんか?

 

ただ、収益という観点からはまだまだハードルはあると思うけど、自分の活動の足跡、、として積み重ねて行く、、

 

通常の作品コンペにチャレンジする傍ら、自分の想いのままの作品を発表していくスタイル、、

 

なんか素敵な感じがするな…

 

トミー爺も微力ながらも、こんな活動を応援していきたいと思います。

 

まずは「メロンパンのように」を聞いてみて下さいね。

 

札幌作詞勉強会 晩秋の大通公園、作詞ゼミ、そして恒例のススキノのん兵衛会。

2018年11月18日(日)、、札幌作詞勉強会に札幌にやって来ました。

寒いですねェ~のトミー爺です。

 

先日の札幌作詞勉強会の続きを紹介させてください。

 

今回は「頭2行にインパクトを」「キラキラした言葉使い」そして「すすきののん兵衛会」盛りだくさんでお届けしますね。

 

この記事の内容は

 

 朝、2:30に起きて車を飛ばし成田空港まで…のドタバタは下記のブログでチェックお願いします。

 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

やって来たぜ北海道!お酒くんたちがトミー爺を迎えてくれました 

 

飛行機は9:30分くらいに新千歳空港に無事に到着、飛行機を降りるとやっぱ寒いですね、、、

 

出口に向かうとお酒くんたちがトミー爺をお出迎えしてくれました。

 

f:id:tommysomekawa:20181124165119j:image

 

はい、、後でしっかりと頂きますよ、、、

f:id:tommysomekawa:20181124165124j:image

 

はい、わかっています、、、

 

f:id:tommysomekawa:20181124165201j:image

 

オー!マッサンだ、、

まだ余市のニッカウイスキーには行ったことが無い、、今度絶対行きたいと思うスモーキーフレーバーウイスキーが大好きなトミー爺です。


f:id:tommysomekawa:20181124165303j:image

 

アレっ?このハイボール初めて見る、、北海道限定?

 

今日の夜は「すすき野のん兵衛会」じっくり味わいさせてもらいます、、待っててね、、

 

♪ 午前10時発のエアポート101号で、、札幌へ、、向かいま~す ♪

 

ちょっと狩人さんの「あずさ2号」風で気取ってみたけど分かります?

狩人って知らないですよね、、笑い。

 

さてと、10:00発のエアポート101号で札幌に移動です、、 

 

f:id:tommysomekawa:20181124165133j:plain

 

料金はというと、、¥1070円なり、、、

 

f:id:tommysomekawa:20181124165218j:plain

 

ホームで待っていたのはこんな感じの列車、、エアポート101号です


f:id:tommysomekawa:20181124165049j:image
f:id:tommysomekawa:20181124165222j:image

 

多分、韓国からやって来たという「撮り鉄」さんに写真を頼まれて、ハイチーズ、、ついでにトミー爺も列車の写真をパチリ、、

 

新千歳空港から札幌までは、だいたい40分強、、その間、携帯で色々調べものをしたり、ゲームをしたり、、ゲームをしたり、、そうこうしていると札幌に到着、、


f:id:tommysomekawa:20181124165211j:image

腹が減っては戦は出来ぬ、、、待っていました寶龍のみそラーメン

 

札幌に来ると毎回楽しみにしているのは、、そうそう、、札幌駅地下街アピアにある「ラーメンの寶龍」さん。

 

以前、旅日記で紹介させてもらったので、良かったらチェックしてみて下さい。

 

enjoy-ongaku-tabi.tommysomekawa.com


f:id:tommysomekawa:20181124165228j:image

 

今回も味噌ラーメンで決まり。


f:id:tommysomekawa:20181124165150j:image
f:id:tommysomekawa:20181124165143j:image

 

ご馳走様でした、、でもダイエット中なんだけどな、、

まあいいか…笑い。

 

さぁ~て札幌作詞勉強会へ出発、晩秋の大通り公園、、寒い、ブルッ、

 

地下鉄で西11丁目駅に、、外に出てみると雪は積もっていないけど晩秋って感じがする大通り公園です。


f:id:tommysomekawa:20181124165206j:image

 

天気はなかなか良い感じ、、

 

この大通り公園は毎年6月になると「よさこい」の人たちで大賑わいになる箇所です 。

 

f:id:tommysomekawa:20181119113113j:image

 

すっかりと冬支度していますね、、


f:id:tommysomekawa:20181119113109j:image

 

札幌教育文化会館に到着。


f:id:tommysomekawa:20181119113105j:image

 

掲示板にも名前がある、、


f:id:tommysomekawa:20181119113128j:image

今回の課題は「頭2行のインパクト」「オシャレな言葉」。  

 

札幌作詞勉強会のスタートです。

今回は2つテーマを出しました。

 

 

参加者に聞くと今回の課題はなかなか難しかったみたい、、

 

それもそのはずトミー爺はいつも

 

参加者の顔ぶれを見て、メンバーが挑戦したことのなさそうな課題を出しているんです、、笑い。

 

頭2行を制した歌詞は、聞き手を捕まえて離さない 

 

通常、歌詞の冒頭部分って導入、、だと思い、景色は何か説明から入ってしまう事ってないですか?

 

間違いではないけど、歌いだしの所で聞き手の心を捕まえるアプローチっていうのも大事なんです。

 

その感覚を掴んでもらうために、そこを意識した作品にチャレンジしてもらいました。

 

良かったらこれまでのヒット曲をチェックしてみて下さい。

結構、頭2行が良い作品が多くあるはずですよ、、、。

 

オシャレでキラキラする言葉を使った作詞って?

 

それともう一つは大瀧詠一さんの「君は天然色」を題材にキラキラした言葉使いを意識した作詞にチャレンジしてもらいました。

 

言葉ではなかなか説明しにくいけど「キラキラした言葉」を使った歌詞ってありますよね。

 

言葉って下の二通りの言葉があると思います。

  • 暗い沈んで感じる言葉
  • キラキラして前に出てくる言葉 

この2パターンをメロディのイメージに合わせて、そのバランスを調整出来るようになると、どんどん表現力が広がっていくと思います。

 

  1. 暗い沈む感じのメロディ + 暗く沈む言葉   = ?
  2. 暗い沈む感じのメロディ + キラキラした言葉 = ?
  3. 明るいキラキラメロディ + 暗く沈む言葉   = ?
  4. 明るいキラキラメロディ + キラキラした言葉 = ?

 

どんな組み合わせ、効果になるのか?

良かったら想像してみて下さい。 

 

3時間、短時間だったけど濃密な時間を過ごす事が出来、盛り上がりました。

 

プロチームも合流「すすき野のん兵衛会」、音楽談義に花が咲く

 

 

終了後はススキノで打ち上げ。


f:id:tommysomekawa:20181119113121j:image

 

ここからは、プロ作曲家チームも合流しての「すすき野のん兵衛会」

 

実はこの会から結構名曲が誕生しているんです。

 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

音楽の話、旅の話、人生の話でいつも盛り上がります。

、、というとかっこよいけど、ただの飲んだくれ会だけどね、、笑い。

 

楽しかったです。

次は来年の6月に、、再会する約束をして一次会はお開き、、

 

でもトミー爺以外の若者チーム?はすすき野のネオンに消えて行ったよう、、皆すごくタフ、、

 

オジサンはホテルに帰ってお休みなさい、、

 

笑い。 

 

札幌作詞勉強会、札幌出発編、、何と飛行機座席はCAさんとにらめっこ席

先日紹介させてもらいました札幌作詞勉強会の追記バージョンを

紹介させてください。

 

さてさて、まずは札幌に向けてのドタバタ劇の始まりです。

 

 この記事の内容は

眠い目をこすって成田空港へGO! 

 

いつも札幌、大阪、名古屋勉強会への移動は当日入り、、、つまり毎回始発列車、バスでの移動、、、

 

今回の飛行機もAM08:05成田空港発に乗る予定、、

 

つまりですね、、自宅を始発電車で行ってもギリギリ。

もちろんその時間に間に合うような成田空港行のバス便はゼロ。

 

そうなれば残る手段は2つ。

 

  1. 車で移動する
  2. 前の日に成田空港に行って空港泊

 

さすがに「2」は無いな…と言う事で車移動になったんですよ。

 

今回も朝AM2:30起きで自宅を出発して、車で成田空港に出発。

 

AM3時に自宅を出発、首都高速に入って、予定していたのは渋谷の手前にある大橋JCT湾岸線に行こうと思ったのですが、、

 

「エー!!大橋JCT通行止め、、」

 

急遽、銀座方面に向かって走り、湾岸線~東関道に入るコースに変更、、

 

首都高速って向かう方向で走行車線をある程度予測して走っていないと希望する方向へ向かえない…だから結構、緊張しながらハンドルを握りましたよ、、、

 

それともう一つAM3時に家を出た理由が、、、

それはETC走行だとAM4時前に高速のあるポイント?を通過すると高速代金が割引にある、、それもあっての早朝出発。

 

ただ、どのポイントを4時前に通過すると良いのか?

分からないので、一番安全なパターンで東関東自動車道の始点の料金所を4時前に通過することを目標に走る…

 

おめでとうございます。

なんとかセーフ、、それもギリギリのAM3時54分で通過OK。

フー、、、、

 

後はのんびりと成田まで行く事に、途中「酒々井(しすい)」SAでトイレ休憩、、15分くらいと休憩して成田ICへ。

 

成田駐車場って使うのが今回初めて、、ちょっと緊張しています。

事前にYoutubeの動画でシュミレーションはしていたのですが、、

 

出ました方向音痴のトミー爺、、、空港周辺までは順調に行けたのですが、そこから何本も道が分岐していて「迷い道グルグル」してしまいました。

 

でも何とかAM5:30、成田空港第二ターミナル駐車場に到着です。

ちなみに空港駐車場もAM6時前に入庫すると割引になるって知っていました、、笑い。

 

ブルーラインを歩いて成田空港第三ターミナルへGO! 

 

いざ札幌に向けて出発です。

 

成田第二ターミナルP2、像さんのエリア(2F)に車を止めて空港ロビーに向かう事に、、、待ってろよ札幌、、、 

 

f:id:tommysomekawa:20181118065951j:image

 

トミー爺が乗る飛行機はJet Star航空。

 

カウンターが第三ターミナルにあるので、2Fからエスカレーターで1Fへ。

 

そして中央口を出て第三ターミナルに移動しなければいけない…

 

第二、第三の間、距離は600mくらいで、1番バス停から無料の送迎バスも出ているけど、ここは歩こう、、と

 

若い人がみんな歩いていたので、オジサンも負けないぞ!!

と見得を張ってトコトコ歩く、、


f:id:tommysomekawa:20181118065943j:image

 

上の写真にある青いラインを辿って行くと第三ターミナルに…

頑張って歩きましょう。

 

歩く途中、口ずさむのは「サッポロ一番カップスターラーメン」の歌を「Jet Star」に置き換えて歌いながら頑張って歩きました。

 

♪♪ Jet Star乗ったその日から、、〇〇の虜にとりこに、、、とりこになりました、、札幌行くならJet Star ♪♪、笑い


f:id:tommysomekawa:20181118065948j:image

 

青いラインに、あと何メートルかの表示があり、歩くのも楽しい、、

ちなみにオレンジ?赤いラインは第三からの戻りルート。

 

トミー爺、Jet Star便のチェックインで悪戦苦闘 


f:id:tommysomekawa:20181118065954j:image

 

第三ターミナルに着くと、日本の飛行場と雰囲気がちょっと違う感じの空間が出現。

 

早速、Jet Star便のチェックインに挑戦。

 

 

自動チェックイン機で操作する、、バーコードを読ませないとダメなんですが、どこにかざせばよいのか分からず右往左往。

 

後で冷静に考えれば、赤いビームが出ている所にかざせばOK。

しかし、舞い上がっているトミー爺、、分からないんですよね、、汗、、でも2度目のチャレンジでなんとか完了。

 

歳はとりたくないですね、、、泣き、、

 

この第三ターミナルの感じ、ちょっとだけハワイの空港ロビーに似ている感じがするのはトミー爺だけかな?

 

手荷物のチェックも受けて、、やっと搭乗手続き完了。

 

162番、搭乗口前で待機する、


f:id:tommysomekawa:20181118065957j:image

 

ロビーから見た朝焼けの滑走路。

朝陽を浴びて着陸す飛行機。 

 

 

f:id:tommysomekawa:20181118071330j:image

 

でも、本当に眠い、、

 

何とCAさんとにらめっこする最前列の座席に 

 

今回、何と割り当てられた座席は最前列「01C」つまりCAさんとこんにちはする座席です。

 

f:id:tommysomekawa:20181123165641j:image

 

LCCの飛行機って登場された方は分かると思うのですが、事前に座席を確保すると別途料金、確か¥300円くらいかな?必要になるので、出発日に自動で振り分けられる座席と思っていたんです。

 

でもチェックイン手続きをした時間が早かったので、非常口近くに座席になったのかな?


f:id:tommysomekawa:20181123165637j:image

 

最前列なので足元は広く、離陸準備中はコックピットがのぞける場所、、思わずパチッってしたけど大丈夫だったかな?

 

なんかカッコよいですよね、、

 

足は延ばせるのは良かったけど、、ただこの席は緊急時に脱出のお手伝いをしなければいけないので、今回はCAさんの飛行前のレッスン?は真剣に聞きました。。。

 

飛行機は定刻に離陸、、そうそう、写真取れなかったけど窓から富士山がくっきりと見えたのも、、

 

こりゃ!!幸先縁起が良いってことかな?

 

札幌行って来ま~す。

 

続きます、、、

 

 

作曲メソッド Chapter1 デモの勝敗はイントロで決まるって知ってました? 

Chapter1 作曲家の為のファーストステップ

 

デモ作りの三大要素とは 

お疲れ様で~すのトミー爺です。

今回はデモ作りの三大要素につい一緒に考えてみましょう。

 

この記事の内容は

 

f:id:tommysomekawa:20180621114804j:plain

デモは人に聞いてもらうために作る 


とにかく曲を作る事が好き、自分の作品を作りたい…って誰でも一度くらいは考える事ありますね…

 

作曲家を目指す人ならまずはここからスタートする人も多いと思う。

 

以前は曲を作る、デモを作るためには高い機材や楽器を購入しなければ作れなかった時代、、ところが今はDAWの発達で誰もが

 

  • 楽器が弾けなくても
  • 歌が歌えなくても
  • 音楽の知識がなくても
  • レコーディングの知識がなくても

 

デモが作れるようになり、また動画サイトにて誰もが全世界に向けて発信できるようになってしまった、、笑い。

 

なかなかトミー爺にはついていけなくなっているのも事実だけど、、泣き

 

でも曲が作れたら次のステップとして、誰かに聞いてもらいたい…そう思ったら、いよいよ作曲家、クリエーターへの階段を一段登り始めたという事。

 

ただ抑えておかないといけないポイントもありますよ。 

メロディが聞こえなかったら作曲デモではない 

 

作曲家を志す皆さん。

メロディは小さくてもサウンドがかっこよければ良い!!

 

と思っている人はいませんか?


デモテープは人に聞いてもらうために作るという事を忘れていませんか?

 

このメロディの音量バランス、、なぁ~んだ、、、と思うかもしれないけれど作り手側からすると案外抜けていて、気がつかないポイントです。

 

渋谷にある事務所にチャンプ君がやって来ました、、あれっ?チャンプ君緊張している様子、、どうしたんでしょう? 

 

 

チャンプ

「おはようございます、、」

「作曲家チャンプ坂本、、ただいま参上しました、、」

 

トミー爺

「オー、チャンプ君か、、ナンだい、、その参上って」

「さては、デモを聞いてもらうので緊張しているな、、?」

 

チャンプ

「トンでもない、、、こ、、こ、、これです、、」

 

トミー爺
「チャンプくん、さあ聞いてみようか、、」

 

トミー爺はチャンプくんの持って来たCDをラジカセにセット、、


ドキドキ…ドキドキ…心臓が飛び出るくらい、緊張のチャンプくん、、

 

スタートボタンを押す、、、


再生中、首をかしげるトミー爺、、そしてとうとう、手がストップボタンに

 

チャンプ

「し、、し、、師匠、どうしました?」

 

トミー爺
「チャンプくん、、、」

「メロディを聞いてほしいという気持ち…ある?」

 

チャンプ

「師匠、何か問題でも…」

 

トミー爺

「これだと、メロディが小さくて聞こえないし、」

「メロディがどれだかわからない…」

「その前に音が小さくて聞こえない…これだとNGだな」

 

チャンプ

「音が小さい????メロが聞こえない…??」

「まぢですか…?」

 

 

 

自分の作品を聞いてもらう時に最低限必要なポイントをお伝えします。

 

デモで聞いてほしい、伝えたい事が相手に伝わるようなデモを作る、、

 

という事。

 

ただし、口では簡単に言えるけど、実際は難しいですよね、、。

 

実際には経験を積む事が大事です、、

 

最初にその方法論を「知っている」のと「知らない」のでは、これからの延び方が全然違うと思います。  

 

デモの三大要素+「1」、リズム、サウンド、メロディ&イントロ

 

音楽の三要素って学校で習いましたよね

  • メロディ
  • ハーモニー
  • リズム


実はデモ作りにも重要な三要素はあると思うんですよ。

 それにプラスする事で

  • イントロ

 

この三大要素+「1」はデモのアピールにとっても重要です。

 

音量が小さいとデモの印象が弱くなる 

 

その前にチャンプくんもそうだった録音音量レベルが小さいのもNGです。

 

何曲も聞く事になる「選曲会」ではいちいち音量を調整したりしません。

 

小さい音量のチャンプ君のデモは他の人のデモより、インパクトに欠け、印象も弱くなることに…

 

デモを聞いてもらって「音量が小さい」と指摘されたチャンプ君、彼はどう感じたのでしょうか?

 

 

チャンプ

「そう言われるとメロディが聞こえないし…」

「音量も小さいですね、」

「聞いてもらう時に音量を上げてもらえると思っていました」

 

トミー爺

「今回のような場合だったら音量を大きくしてくれるかも…」

「でも、何曲も連続で曲を聞くときは音量操作はしないよ」

 

チャンプ

「そうか、僕の曲だけが音量小さいままで聞かれる…」

「イコール、印象が薄くなってしまう…」

「という事ですね、、師匠」

 

トミー爺

「そういうこと、、」
「最悪はこの人はデモを作る技術がない人と思われるよ」

 

チャンプ

「そうですね、今後気をつけます」

 

 

コンペに参加できる「作曲家の技術、能力」って暗黙のうちにあるんですよ、コンペに参加する作曲事務所は、そのレベルに達している作曲家にコンペを発注しています。

 

まずは最低限の「コンペに参加できる能力」を身に付ける事を目指しましょう。

 

、、という事で、ちょっと凹むチャンプくんでした。

 

イントロでデモの評価が決まる事も

 

それと先ほど登場したデモの三要素「リズム」「サウンド」「メロディ」 これに追加して「イントロ」がデモの評価を決める事になります。 

 

 

トミー爺

「そうそう、チャンプくん」

「すごい情報を教えてあげようか?」

 

チャンプ

「な、な、なんですか?」

「教えて下さいよ!!」

 

トミー爺

「イントロで勝負が決まるって知ってた?」

 

チャンプ

「何ですか?それ!」

「イントロで、、、?」

 

 

その通り、イントロでデモの印象が決まってしまうんです。

 

皆さんだってイントロを聞いた瞬間に「かっこよい!!」と思ったことはないですか? 

 

 

イントロを聞いたとたん

  • ロック系
  • イギリス風だな、、
  • ド演歌じゃないか、、
  • バラード系だな、、
  • おーアイドル系か、、

 

もう一つの印象は

  • 良いね!!
  • カッコよい!!
  • ダメかも、、
  • これは聞かなくても良いかも…

 

こんなふうに最初に評価されるのがイントロ。

 

聞き手のデモに対する評価、先入観はイントロで決まるという事で、イントロを作れないとまずい…と言う事にもなります。

 

そういわれてみれば、ヒット曲のイントロって特徴がありますね、、

 

 

チャンプ

「そうか、、イントロですか、、」

「僕はイントロ、とりあえずあればいいと思ってた、、」

 

トミー爺

「そうそう、作詞ではタイトル、作曲ではイントロ」

「運命を左右する重要な要素だよ、、」 

「コンペではイントロが上手い人の採用率は高くなるかもよ…」

 

チャンプ

「ラジャー!」

「イントロ、音量、メロディの大きさ」

「気をつけて作ってみます」

 

 という事でチャンプ君、何か収穫あったようで飛ぶように帰っていきました。

 

イントロについては別の機会で取り上げますね。

作詞コラム あなたは何点の作品を提出しますか?

お疲れ様です。

 

今回は「作品直し」と「作品の品質保証」について書かせてもらいますね。

 

 この記事の内容は

 

 

f:id:tommysomekawa:20181030072159j:plain

 

作詞コンペであなたの作品が選ばれたとします。

「やったー!」って小躍りしますよね、、、、

 

ただ、作詞家としては下記の2点を意識しておいてほしいかな、、

 

  • そのままオリジナルの詞でOKが出るのか?
  • 作品直しの依頼が来るのか?

 

もちろんあなたが書いた作品のまま採用になるケースも多いです。

 

しかし、「〇〇の所を修正してもらえますか?」という依頼も多いのが現状です。

 

以前、現実にあった話を紹介させてもらいますね。

 

アニメ系の作品募集でテーマ、コンセプトでいくつかキーワードが提示されていました。

 

そのキーワードに沿った作品作りを要求されていたんです。

 

しかし、採用された作品への「直し依頼」が届きました。

 

その内容が

 

「この内容からキーワードを使わない方向で修正できますか?」

 

という、発注時からすると真逆なリクエストでした。

 

察するに、ほかに採用されている作品と一緒に並べてみると「キーワードを駆使した作品が多くなった」その為に別方向のアプローチが欲しくなり、今回のリクエストが来た。

 

という事だと思います。

 

「なんで、キーワードを使ってと言っていたじゃないですか!」

 

と怒る前に修正をしなければ採用にならない…と言う事なので、当該作詞家さんは見事に直しをされて採用になりました。

 

このように「作詞の直し」「理不尽な直し」ってよくある事なんです。

 

ではそれに対応するために作詞家が考えなければいけない事は?

 

歌詞直しは必ず来る、、それを予測した作品提出の仕方

 

では、なぜ?作品直し依頼をされるのか?

皆さんはどう思いますか?

 

例えば、新しい家具を買ったとします。

運送屋さんが家具を運んできて、ベストの位置と思える場所に設置しました。

 

ところがあなたは微調整を依頼、、、

 

「すみません、もう少し左に、、、」

「そうそう、もう少し前、、OK」

 

つまり作品直しってこういう事なんです。

 

あなたの作品に相手の考えが入ってくる

 

  • 運送屋さんがベスト位置と思い設置、、あなたの提出作品
  • あなたのイメージと違って微調整、、 相手の意思が入る

 

つまり、作品直しって、、

 

あなたが提出した作品は概ね良い。

だけど、今回の企画、歌手の見せ方を考えると修正をしてほしい…

 

と言う事だと思ってください。 

 

直しが入ってくる予測と隙間 

 

以前、トミー爺が担当していた作詞家さんは「相手はここは修正依頼してくるな…」というところは予測して作品作りをしていました。

 

そして、そこが修正依頼が来ても、代替えのアイデアもしっかりと考えていたので、ほぼ1回の直しでOKが出ていました。 

 

つまり作詞家さんは直しが入ってくる前提での作品作りをしていたという事になります。

 

これは熟練しているからこそできる技かもしれませんが、皆さんも「作品直しが来る…」という前提での作品作りをするのも良いと思います。 

 

自分印(じぶんじるし)を押せる作品

 

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、工場が出荷前に行う検査、その後に検査終了の「印」を押しますね、、

 

こんなイメージで考えると分かりやすいかもしれませんね

 

提出作品の品質保証はとっても大事、、

 

先ほど登場した作詞家さんはこんなことを言っていました。

 

「提出作品に最低このくらいは書けている…という基準は持っている」

「毎回、私の作家印を押した作品を提出するようにしている」

「しかし、そこに相手の考え方が必ず入ってくる、、」

 

「だから書きすぎてもダメなんですよ、、、」

 

つまり作家の名前は入っている作品だけど、使う側の事情もそこに入ってくるので、そこを予測しながら作品作りをしている…と言う事だと思います。

 

あなたは何点作品を提出しますか?

 

 

自分の基準で

  • 100点満点の作品
  • 80点の作品
  • 70点の作品

先ほどの作詞家さんの場合「私の作家印を押した作品を提出、、」と言っていました、、この意味を考えると

 

  • 提出した状態で世の中に出ても恥ずかしくない作品
  • しかし作品直しをする「余地」も空けてある作品

 

 

という事になりますね。

 

これは経験を積んでから初めて意識出来る事かもしれません。

 

でもこういう考え方がある…と言う事を「知っているか、、いないかって作家の成長に相当大きなポイントになるはず」

 

良かったらトミー爺がこんな事を言っていた…と言う感じで覚えておいてくれるとうれしいですね。

 

ルーズな音楽が楽しい、キャロルキングから学ぶ音楽の面白さ

お疲れ様で~すのトミー爺です。

 

今回は「ルーズな音楽が楽しい…」と題して、今の時代の音楽とちょっと昔の音楽の違い、良い所について紹介させてもらいたいと思っています。

 

 この記事の内容は

 

 

f:id:tommysomekawa:20180829184041j:plain

 

音楽ソフトのおかげで誰でも音楽家

 

 

実は最近の楽曲制作スタイルは、音楽制作ソフトの性能が物凄く発達してきていて、誰もが簡単に音楽を作れるようになってきているんです。

 

例えば、こんな感じ、、、、

 

  • 全く音楽の知識が無くても
  • 楽器を演奏する事が出来なくても
  • 歌を歌う事が苦手でも

 

音楽ソフトさえあれば簡単に音楽を作ることが出来る時代になってしまいました。

 

誰でも簡単に音楽が出来る…そういう時代になり、誰もが自分の好きに音楽作れる「夢のような」時代になりましたね、、。

 

以前の音楽制作はレコーディングスタジオが無いと出来ない…商品レベルのクオリティを追求すると、一日50万円くらいするレコーディングスタジオを何日もレンタルしなければいけなかったんです。

 

ところが今はトミー爺の部屋でも簡単に作ることが出来ます、、笑い。

 

ここでクエスチョン?

 

昔と今のミュージシャン、音楽制作者の違いを書くと

 

  • 以前は楽器を演奏してセッションしながら音楽を作っていた
  • 今は楽器を演奏できない人でも音楽ソフトで音楽が作れる時代

 

以前の音楽って「縦線、横線」を揃える事が上手さだった 

 

トミー爺が音楽を始めたきっかけが「吹奏楽」。

 

吹奏楽の上手さのポイントは大きく分けるとこの二つ

 

  • 楽器同士の演奏の縦線がそろっている
  • 演奏の音程、チューニングがピッタリと合っている

 

この2点です。

 

全日本吹奏楽コンクール決勝大会に出てくる学校って、全員、生で演奏しているのに演奏の縦線、チューニングがピッタリ合っていたんです。

 

これってすごい事だったんですよ。

 

トミー爺の高校はトミー爺の代に旭川市の代表で北海道大会まで行ったことがあるけど、今考えると縦線は何とかあっていたけど、チューニングが甘々でした。

 

バンドもそうですよね、最初の頃は楽器同士の演奏の縦線を揃える練習をしたりしますね。

 

もちろんピッチ、チューニングも必要です。

 

そう考えると音楽の基本はアンサンブルという事になるのかな?

 

ところが今の音楽制作の現場では、パソコン一つで簡単に完璧なアンサンブル、色んな楽器のアンサンブルを作ることが出来るんです。

 

初心者でも理想的な音を作ることが出来る時代。

この30年強で物凄く進化した事になりますね。

 

今の音楽は歌も、楽器もジャスト過ぎて面白くない、、 

 

今の音楽って何でも「ジャストすぎるんです」。

特にボーカルなんか、、どれも完璧な音程、リズムでしょ、、

 

だってCD音源ではリズム感が悪く、歌の下手な歌手っていないですよね、、、

 

あれって音楽ソフトでボーカルのエディットをしているんですよ。

今、巷で流れているポップス系の歌はほぼ歌の修正をしています。

 

パソコンの画面で歌の音程、リズムのずれを修正して、完璧な歌として世の中に送り出す事が出来ます。

 

ただし、このエディットにも歌や声質が機械的にならないようにする高度な技術が必要なんですが、、

 

一昔前は「ボーカルエディット」ではなく「ボーカルセレクト」、つまりボーカルにマルチテープの何チャンネルかをボーカルチャンネルとして残して、歌手はうまく歌えるまで何回も歌いました。

 

ちなみにビートルズの時代は4チャンネルのシステム、、トミー爺も最初に見たヤマハのスタジオには4チャンネルマルチテープレコーダーが入っていたな、、、

 

ちなみにチャンネルは下記のように分けていた…

  1. オケのL
  2. オケのR
  3. ソロ楽器
  4. ボーカル

 

歌が1トラック、1チャンネル使うとなると、歌手の人は録音の前に必至で練習していたのだと思います。

 

 

だから歌は上手くなりますよね。

 

しかし今は極端な言い方をすると歌手はスタジオに来て数回歌って、あとはエンジニアがボーカルのエディットをしてOKトラックを作り上げる。

 

こんな感じに状況が激変しています 。

 

音楽の楽しみ方の一つ「呼吸、間」を楽しむ。 

 

 

トミー爺の持論は「音楽はルーズな方が良い」と思っています。

音楽って広い意味での「間」を楽しむもの、、音楽は聞き手と演者側の駆け引きの面白さに尽きる…と勝手に思っています。

 

そのキーになるのが「呼吸」です。

 

聞き手も演者のみんな呼吸していますよね。

その呼吸はリズムに繋がります。

 

そのリズムを良い意味で裏切る行為によって感動に繋がって行くと思っています。

 

以前仕事をさせてもらった尾崎豊さん。

 

彼の「Birthツアー」で仕事をさせてもらったのですが、そのセットリストの中に「太陽の破片」という曲があります。

 

その曲の終わりに尾崎さんが「夕べ眠れずに、、」、、「夕べ眠れずに、、」とささやいて無音になる所があり、シーンと静まり返る横浜アリーナの観客。

 

そしてドラマーがその間を破って演奏すると、そこからエンディングになる…というシーンがあるのですが、この間って尾崎さん本人も、聞き手も、ドラマーの方も本当にその「間」を楽しんでいました。

 

音楽の醍醐味の一つだと思います。

 

歌舞伎役者の見得に音楽の奥深さが潜んでいる 

 

例えば、歌舞伎を例にすると、歌舞伎役者が見得を切る所でお客さんは感動します。

 

でもおかしいと思いませんか?

 

だって見ている人の90%はここで役者が何をするのか知っている、、、知っているってことは「来るぞ、来るぞ」と構えているって事ですよね

 

普通、次に何が来るのか、、知っている事について驚きってないですよね、、

 

でも、お客さんは感動する。

 

ではここで何が起きているのか、、というと、多分、殆どのお客さんはそれぞれのリズムで「ここで、このタイミングで見得を切る…」と思っているのだと思います。

 

しかし、役者がそれを「いい意味で裏切るタイミングで見得を切る」

 

よし、、ここで来るぞ、、ほら、来た、、、、

と構えているお客さん。

 

しかし、役者はそのタイミングを少しだけ外すとどうでしょう、、

お客さんは身構えたタイミングを外され、完全無防備になっている所で見得を切られるために「〇〇さま、、、って」感動してしまう。

 

もう一つ例を挙げると、友達と向かい合って「さあ、脅かすよ」って言って脅かすのと、後ろから不意をついて脅かすのと同じ。

 

前者はお客さんが自分のリズム、タイミングで待ち構えている、、、

後者は全く予測していない所で脅かされる

 

これと同じだと思います。 

 

話を歌に戻すと、歌手は「1.2.3.4」と聞き手がリズムをカウントしているジャストのタイミングで歌いだすとします。

 

これはあらかじめ予測しているので感動は薄い、、、

 

しかし、そのジャストをほんの少し前、ほんの少し後で歌いだすとどうでしょう、、、

 

聞き手は不意をつかれて驚きますね。

この驚きが感動につながる要素だと思いませんか?

 

音楽も、落語も、漫才も、同じだと思います。

 

そんな武器を持っていた音楽がきっちりとしたものになってしまうのはもったい無い気がします。

 

どうでしょう、、、

 

僕らは二つの選択肢を持っている

 

トミー爺がアレンジャーの事務所で働き始めた時、生の演奏の時代から打ち込みの音楽に変わる分岐点の時代でした。

 

当時、バブルも崩壊して音楽制作の予算が減りだした頃、その時に予算内で制作する為に「ドラムやベース、キーボード」は打ち込みで…という風に変化してきました。

 

ただ、それだと音楽が機械的になるので…

 

という事で、ドラムの打ち込みデーターに「ハイハットだけ生で演奏」させるとか、、ドラムは打ち込みでベースは生で…

 

みたいな工夫をして音楽制作していた記憶があります。

 

どんな環境、時代になっても「人のアイデアで色んな可能性を広げることが出来ます」。

 

それが出来た時に、あなたは「時代の先駆者」に成れるかもよ!!

 

::::::::::::::::::::::::::::: 

 

【トミー爺のお勧めの一枚】 

 

キャロル・キングTapestry

 

 

キャロル・キングTAPESTRY  LIVE IN HYDE PARK [CD+DVD]

 

主人公の「理由(わけ)」が伝わる時、歌詞は巷を一人歩きする。

Chapter 2 詞先で作詞をしてみよう

 

皆さん、お元気ですか?

 

さて、今回からストーリー作りに大切な「魅力的な人物像」の作り方について一緒に考えてみましょう。

 

ドラマや映画を観ていて「あの人の生き方かっこよいな…」とか「あんな人になってみたい…」と思わせるのは、その物語に、そこに「魅力的な主人公」が描かれているからだと思います。

 

前々回に書かせてもらった映画「プラダを着た悪魔」の主人公もそうでした。

 

sakunaro-dojo.sakushisakkyoku.com

 

 この記事の内容は

 

f:id:tommysomekawa:20181014104719j:plain

 

Step 3 登場人物を考える 

 

それではどうやったら「魅力的な登場人物」を描けるようになるのか?

これは色んな、人それぞれの方法論があると思います。

 

ただ、ちょっと気になるやり方をしている人がいるんです。

 

歌詞の登場人物年表を作ってみると色んな事が見えてくる 

 

それは脚本家の倉本聰さん。

倉本さんと言えば「北の国から」などで有名な方です。

 

その倉本さんがテレビのドキュメンタリーで取り上げられていて、そこでおっしゃっていたのは、脚本を書き上げる時に「登場人物、全員の年表」を考えるととおっしゃっていました。

 

つまり登場人物の生れてから死ぬまでの年表を考えてから作品作りに入るという事らしいです。

 

Aは何年に生まれて、〇才の時に〇〇と恋に落ち、そこで初めて性体験をする、、しかし、そこに恋敵Bが現れて二人の間を邪魔する、そしてBの行動によって、ついにはAと〇〇は別れてしまう、、、

 

みたいな事をもっともっと細かく練り上げていくらしいです。

 

それを考えて行くと、人と人との絡み方やドラマが必然的に見えてくるって言っていました。

 

なぜこんな年表の話を紹介させてもらったか?、、、というと

 

行動には必ず理由がある、、その理由が世の中に共鳴していく 

 

「その人の行動には必ず理由があるから…」

 

「その理由こそが歌詞、物語の最大のクライマックス」

 

主人公がある行動をしたとします、、その行動の理由があるからこそ、行動や仕草、言葉に重みが出てくるのだと思います。

 

【例1】 

例えば、先ほどのAと恋敵Bの話で考えると大人になってから、ある些細な事件でAはBを殴った…としますね、、その理由が過去の〇〇との事と同じ行動をBがしていたから…

 

その現在の状況だけを考えるとAがBを殴る理由が分からない、、けど、年表をたどっていくとそこには理由がある、、、

 

【例2】 

例えば、男の人が女の人を抱きしめた…という行動があったとします。

 

作詞家が「君を抱きしめる…」と詞に書いたとしますね。

でもこれだけだったら「抱きしめる」という行動です。

 

でも、その抱きしめるという行動の理由

 

  • 好きだから、愛しているから
  • 相手が凍えそうだったから
  • 相手が可愛かったから
  • 相手が可愛そうだったから

 

もっともっと沢山あると思うけど、そこが読者、聞き手に伝わるかどうか?で「抱きしめる」という行動の重さが違ってきます。

 

「そうそう、その気持ち分かるな、、、、泣けてくるよ、、」

 

聞き手にそう感じさせるためには、書き手がそこが見えていないとダメって事です。

 

そう考えるととっても大事なポイントだと分かりますね。。

 

また別の機会にもう少しこの話を掘り下げてみたいです。

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【トミー爺のお勧め本】

松本一起著

作詞ってこんなに楽しい! 「普通の生活」から始めよう

 


読み進めていくうちに自然と作詞をしたくなる

  • 作詞に興味がある人
  • 作詞を始めたい人
  • 作詞にいきづまっている人へ、

3000曲以上の作詞をし、数々のヒット曲を手がけた、日本でも数少ない、生業を「作詞家」といえる著者の「作詞読本」。

  • 作詞のテクニック
  • 作詞家としての生活意識
  • プロとしての姿勢
  • 80年代の音楽業界での逸話など話題満載。

また、類書にはない作詞の推敲例を取り入れ、プロとアマの言葉へのこだわりの差を実践で解説する。