作詞家,作曲家になろう!さくなろ道場

作曲家、作詞家を目指す君へ。現役マネージャーが教える作品創りのコツ、裏ワザ、一般常識などなど…誰も教えてくれなかった情報満載です。

【作曲メソッド】Chapter 1 プロ作曲家、デモはどのくらいのクオリティで作れば?

Chapter1 作曲家の為のファーストステップ

 

お疲れ様で~すのトミー爺です。

 

今日は質問が多い

 

「デモはどのくらいのクオリティで作ればよいの?」

 

という事を一緒に考えてみましょう。

 

この記事の内容は

 

 

f:id:tommysomekawa:20190218175350j:plain

 

 作曲家のデモの使命は相手を説得する事。 

 

 

ある日の渋谷、トミー爺の事務所に作曲家のたまごのチャンプくんがやって来ました。

 

おや?

 

なんか悩み事があるようですね… 

 

 

チャンプくん

「師匠、前からずっと知りたかったのですが、デモってどのくらいのクオリティで作ればよいのですか?」


トミー爺

「チャンプくん、たまには良い質問するね…それはね…」

 


この質問もよくあります。
結論から言うとあなたがどの立ち位置を目指すのかがポイント。

 

音楽は趣味でOK、、ただ自分の音楽を聞いてほしい… 


もしあなたが「自分の音楽を聴いてほしい」為にデモを作っているのだったら、自分のできる範囲でデモを作ればよいと思います。

 

  • 親しい友人に曲が出来たから聞いてもらおう。
  • ライフワークとして自分の音楽を残したい…

 

今できる事を全力でデモ制作に注入する。

 

それだけでOKです。

 

あなたがプロの作曲家を目指すのだったら…

 

もしあなたがプロの作曲家を目指すのであればデモクオリティは、通常のCDと同じレベルを目指すのがベストです。

 

その理由としてはデモの使命を考えてみて下さい。

 

デモはあなたから離れてクライアントの所で、あなたの代わりに働く事になります。

 

デモがあなたの代わりに相手を説得しなければいけない、、という事は

どのくらいのクオリティがデモに要求されるのかはわかりますね。 

 

 

チャンプくん

「なるほど…デモが僕の代弁者か?」

「そうですよね、、」

「師匠、、今までのモヤモヤが少し晴れました」

「道は遠いなぁ~、、、、」

 

トミー爺
「チャンプくん、、何を弱気な…」

「よーく考えてみて、、」

「今、ガンガン活躍している作曲家だって最初から出来た人はいないよ」

「皆、同じスタートラインから初めているんだから」

 

チャンプくん

「そうですよね、、頑張るぞ!」

「そうか、、僕も先輩たちと同じように登って行ければ、、」

「そうすると、、同じフィールドで戦えるようになれるかも…」

 

 

 

プロの作曲家のデモはCDと同じクオリティーを目指せ

 

しかし、「プロと同じクオリティーのデモ」

そう簡単にはいかないですよね。笑い。

 

  • 何を、、どうしたら、、、そうなるのか?
  • みんな才能のある人ばかりだから、俺は出来る?大丈夫か?

 

確かにみんな考える事は同じです。

でも目線や立ち位置を変えてみると案外見えてきます。 

 

デモを聞く側になってみるとわかる

 

ここでいい事を教えてあげましょう。

 

それは「選者側になってみるとわかりやすい」いう事。

 

会社で、いつもの仕事で仕分けしている物を音楽、作家デモに置き換えてみる。

 

【CMのタイアップ曲を決める会議】

 

  • なんか商品イメージと音楽が合っていない
  • 商品イメージにはもっとかっこよいサウンドが欲しい
  • もっとオシャレなメロディが欲しい
  • イントロのインパクトが足りない
  • サビメロがいまいち

 

多分あなたが選者側だったら楽曲を選ぶ基準がありますね。

そこを意識して、自分だったらこの作品をピックアップするぞ!

 

そうです。

あなたが目指さなければいけないクオリティーはそこです。!

 

 

チャンプくん

「なるほど、、自分だったらこのデモを良いと思えるのか?」

「そう考えると見えてくるかも…」

「そして自分を高めていければ、デモも良くなる」

トミー爺
「そうそう、先輩たちも最初から才能があったのではない」

「毎日経験を積み、一歩一歩今の立ち位置に上がってきた」

「だからチャンプくんにも出来るよ」


チャンプくん

「うー師匠、良い事言いますね(涙)」

 

トミー爺

「あたり前田の…」

 

チャンプくん

「クラッカーですよね…がんばります」

 

トミー爺

「チャンプくん、まずは完コピからスタートしてみては?」

 

チャンプくん

「完コピですか?」

「それってどうやって?」 

 

 

まずは完コピからスタートしてみよう

 

後で詳しく書かせてもらおうと思うけど、簡単な訓練方法を紹介させてください。

 

それは良いと思った曲、アレンジを完全にコピーして、あなたがそれを再現してみる。

 

そうする事で解る事は

  • 作り手が目指して行った曲、アレンジが見える
  • なぜこの楽器が入っているのか?その理由、役目が見える
  • 全部同じに作ったはずなのに何かが違う事に気が付く
  • その理由を探る事で色んな事が見えてくる

 

まずは歌だったら物まね歌手以上にそっくりに真似てみて下さい。

アレンジだったら、どうやったらこのニュアンスが作れるのか?

それを探ってみて下さい。

 

題材に適しているのが、70年代~90年代にヒットした、アレンジャーがアレンジした作品。

 

それのテクニックを盗む事で色んな事が分かるはず、、、

 

 

まだまだ、あなたとチャンプくの旅は続きます。