作詞家,作曲家になろう!さくなろ道場

作曲家、作詞家を目指す君へ。現役マネージャーが教える作品創りのコツ、裏ワザ、一般常識などなど…誰も教えてくれなかった情報満載です。

今日の東京勉強会のテーマは「なるほどね、上手い事を言うな…」と唸らせる作品作り

おはようございま~すのトミー爺です。

 

今日、10/14(日)は月一でやっている作詞作曲勉強会、ワークショップの日。

 

今回は中島みゆきさんの「糸」を題材に「なるほどね、、上手い事言うな…上手い例えをするな…」と聞き手に感じさせる作品作りをテーマに開催。

 

 この記事の内容は

 

 

いざ、渋谷の「渋谷総合文化センター大和田」に向けて出発です。

 

f:id:tommysomekawa:20181014104537j:plain

 

渋谷の桜ケ丘町の上に鎮座する大和田文化センター。

 

ここにはプラネタリウムや図書館、そして大、中ホールがふたつ。

そしていつも利用させてもらってる会議室やリハーサル室がある。

 

ただし、ここまでたどり着くためには急な坂を登らなければいけないんですよ、、 

 

f:id:tommysomekawa:20181014104644j:plain

 

毎回、ヒイコラ言いながら、登るんですけど年寄りには結構きつい!


坂には見えないかもしれませんが、急な坂、急いでいる時は勘弁してほしい急な坂なんです。

 

ただ、桜ケ丘町という事で桜の時期にはこんな感じの桜並木に変身。

 

f:id:tommysomekawa:20181014104719j:plain

 

作詞、作曲チームへの課題の意図は

 

 

 

作詞チームへの個別課題は


・頭2行で「なるほどね、、、」と思わせる、ここで聞き手を摑まえる詞

 

作曲チームへの個別課題は


中島みゆきさんの「糸」「時代」に似ているけど、似ていないメロ作り、このコード進行を参考にして曲を作ってみよう

 

 

作詞チーム、作品頭で切り込む意識を持って

 

作詞チームへのテーマ発注の目的は、歌詞の頭って「ほとんどの人がスムーズな導入を意識します。」

 

でもそこでグッと鋭い切り込みをする事でどんな風に作品が変わるのか?

 

それを体感したかった、、、

 

作曲チーム、積極的に他人の感性を取り入れよう 

 

作曲チームへの課題の目的は、普段、自分が作りやすいコード進行、メロディの流れ、、で作曲をする事が多い中、他人の感性を引き金に曲がどう変わるのか?

 

コンペでは課題曲、リファレンス曲の世界観を残しながらもオリジナル曲を作る必要性もあります。

 

そんな訓練になるのかな?

 

と思って今回の課題を出しました。

 

 

 

さぁ、どんな作品に出会えるのか楽しみ。

 

後日、レポートを書く予定ですよ。

 

 

楽しみ、、、